当院の臨床例

鼻腔内腫瘍

【症例】ラブラドールレトリーバー 13歳齢 雄

2〜3週間前から鼻出血が認められたため、来院されました.

◎レントゲン検査

さがれお DV

右側鼻腔内において不透過性の高い占拠性病変を認められました

 

◎ CT検査

CT coronal像

CT coronal像

MPR 像 saga reo 3

CT axial像

MPR 像 saga reo1

CT sagital像 鼻腔・前頭洞に病変が認められます

 

◎ 細径電子内視鏡を用いた検査

2014-05-16_1109_IMG0002

【右側(病変側)鼻腔内】  粘膜表面の不整が認められます

 

2014-05-16_1138_IMG0004

【左側(非病変側)鼻腔内】 粘膜表面は平滑です

 

病変側の組織を内視鏡下にて、一部採材し病理組織学的検査を行いました。

 

◎病理組織学的検査結果

『未分化癌』・・・鼻腔上皮由来の悪性腫瘍

 

◎治療

止血剤およびCOX2選択阻害薬